2009年02月07日

2月7日 あきおさん宅ゲーム会

今日は、テーブルゲームレビューサイト「gioco del mondo」のあきおさんよりお誘いをいただいてのゲーム会。
日本未紹介の新作ゲームから、国産ゲーム、子供ゲームと幅広く賑やかに遊んでまいりました。

【薔薇の名前】

ウンベルト・エーコ著「薔薇の名前」のボードゲーム化。
ここ数年のコスモス、こういった原作付ボードゲームはちょくちょくリリースしているわけですが・・・って、このチョイスはシブ過ぎじゃないでしょうか。そういや、原作、手に取ったものの、早々に挫折したなぁ・・・。(笑)
ゲーム内容としては、「アンダーカバー」系の正体当て。
誰がどのコマを担当しているのかがわからない状態で、カードを使ってコマを動かしていきます。
で、動かした、その結果によって、点数がプラスになったり、マイナスになったり。
うまく自分の担当するコマがマイナス点を重ねないように動かせばいいのですが、最後に待つ「正体当て」で当てられてしまうと、大きくマイナスを食らってしまうので、うまーくぼかしつつ動かす必要がある、と。
この内容は、上に名前を出した「アンダーカバー」と大きく差はない上に、その原作のシブさから、ちょっと地味なゲームかなぁと勝手にイメージしていたのですが、各ラウンドごとにめくられるイベントカードの効果が結構大胆で、終始、大盛り上がり。ちょっと意外だった。
少し要素が多く「誰がどの色を担当しているのか」ということに集中しにくいところはあるけれど、とはいえ、それが「難解さ」に繋がっているわけではなく、きちんとファミリーゲームの範疇には収まった作りになっているのは、さすが、という感じ。
いやぁ、事前にDVDで映画「薔薇の名前」を観ていたこともあり、雰囲気の良さも堪能でき、大満足。これは欲しい!

【ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔カードゲーム】

クニーツィアの隠れ名作カードゲーム。
他の人を縛ったり、いわゆる「仕事」的なプレイをしている暇がないというのが隠れた魅力ではないでしょうか。
他の人の動向をしっかりと睨みつつも、いかに自分の手をうまくマネージメントしていくか。
引き締まったプレイが要求されるなか、ポロリと他の人が集めているカードを出さざるを得ない瞬間が好き。

【もっとホイップを!】

その手軽さと、見た目のキャッチーさ、思いのほか深いゲーム性で早くも大定番化しているこちらを、あきおさんたちが未プレイだということで、紹介を兼ねて。
ひとつのネタでやりきってしまうデザインというのは、非常に難しく、また勇気のいることだと思うわけで、そういう意味でもこのゲームは見るべきところのある作品ではないかと。

【クイーンズブレイドコロシアム】

今回のゲーム会で一番の注目作であり、また、問題作。日本製。
いやぁ、まさか遊べるとは。(笑)
各プレイヤーは、一人ずつコロシアムで戦うキャラクタをそれぞれ担当し、コロシアムを移動しながら、中央に構える「女王」に対して攻撃をしかけ、その活躍によって(ようするにいかにダメージを与えるか)得点を得ていき、もっとも得点を得たプレイヤーが勝利します。
基本的には、コロシアムを移動する際の「場所取り」を睨んでのカードプレイによるバッティングゲーム。
プラス、このゲームでもっとも重要なファクターだと思われる「エロ」!
担当する各キャラクターはすべて女性であり、衣装もキワドイ。
加えて、ゲーム進行にしたがって、得点を得るために取れるアクションとして「脱衣」があり、これが結構重要という。
ゲーム開始前、男としては大盛り上がりするも、正直なところ、ゲーマーとしては心中穏やかではなかったのですが、プレイがはじまったら・・・男としての部分が勝利してしまい、気づけば自分が脱衣アクションをするときは「脱いじゃうぞ〜」といやらしく声に出してみたり、他人が脱衣アクションするときは「脱ーげ!脱ーげ!」と煽ってみたりと、ひどいのなんの。ま、これは、私だけはなく、参加者全員がそんなノリだったわけですが。
いやぁ、エロは強し。
・・・と、これだけだと「イロモノゲーム」で終わっちゃうわけですが、この「クイーンズブレイドコロシアム」、多少の粗さはあるものの、基本部分が非常によくできており、ゲームとしてはなかなかのもの。
各キャラクターの特殊能力も結構派手ながらバランス的に破綻させるようなものではないし、ゲームの進行に従って強くなっていく「女王」のその加減も結構ほどよい。
「ドイツゲーム」の範疇で語ったり、比べたり、ということは難しいところですが、「ゲーム」としてみた場合は、十分にアリ。

追記:とはいえ、「エロ」の部分は、そのイラストの方向性とあいまって、受け付けない人はいそう。加えて、えげつない部分もあるので・・・個人的には、少し嫌悪感を抱くようなイラストもあったし。この辺の判断は難しいところ。

【ダウンアンダー】

メンバーのうちの二人が夕食の買出しに行っている間に留守番組三人で軽めのゲームを遊ぼうと選択。
タイル置いて道をつなげ、いかに自分の道を長くできるか、という、極々シンプルな作り。
一枚のタイルには必ず二本の道が描かれており、どちらかの道は他のプレイヤーが活用しやすくなっているのがミソ。いかに他のプレイヤーに利用できないように、そして、あわよくば自分で利用できるように、と置いていくことができるか、というところが重要。
ホント、シンプルこの上なし。
他の得点要素とそれに伴う駆け引きもあるにはあるけれど、ゲームの印象を大きく変えるほどにはいたらず・・・いやぁ、とにかく、シンプル。(笑)
このシンプルさを魅力とみるか、物足りないとみるか・・・。
個人的には、ちょっと物足りないかな。十分面白い作品ではあったけれど。

【生きてる!】

最近お気に入りの一風変わった競りゲーム。
やればやるほどに、完成させるだけでは勝てないことがわかってきた。
手軽に遊べる、ちょっと変わったゲーム、っていうだけではないなぁ、これ。
いいゲームだと思う。

【クイック】

奇才ブルクハルトのリアルタイム系ゲーム。
私の中ではすでに大定番中の大定番になっているものの、日本での流通量がかなり少ないので、紹介の意味も込めて今回持ち込み。
「記憶」プラス「リアルタイム」という、二大得手不得手が出るジャンルの組み合わせに加え、「炎」の視認性の悪さも相まって、誰でも遊べるタイトルに・・・と思いきや、あまりに突き抜けすぎていて、逆に誰でも遊べるタイトルになっているような。(笑)

【ゴーストハンター】

一度遊んでみたかったHABA社のゲームを待望のプレイ!
手番プレイヤーがお化け役となり、お化けを動かします。動かされ、チラリチラリと窓から覗くお化けの姿を他のプレイヤーは当てます。
お化け役のプレイヤーは、当てられない方がいいのですが、だからといって、大胆に動かしすぎると、当てる側のプレイヤーのテンションは大幅ダウン。「わかるわけないって!」と思われてしまっては、ゲームとしての面白さも損なわれてしまうわけで、そういう意味では、楽しく遊ぶのは難しいタイトルだと思った。
まぁ、大人だから・・・ということを出さずとも遊べる、おおらかな仲間と遊べるなら非常に楽しいタイトル。
今回、非常に賑やかに楽しく遊べたのはよかった。

というわけで、たっぷり10時間。遊びも遊んだり、という感じ。
あきおさん、ありがとうございました。

この記事へのコメント
前に話したようにコメントが相反しないように、レビューのところ編集するわな。
Posted by akio at 2009年02月24日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック