2009年04月29日

4月29日テンデイズゲームズ再入荷

開店時の目玉としてラインナップしていたゴルドジーバーの新作「ヴィア・ロマーナ」。
すぐに完売となってしまっていたのですが、こちらがやっと再入荷いたしました。

【ヴィア・ロマーナ】

ゴルドジーバーの新作。
カードのプレイにより、都市に砦を建て、道にマイル標石を建て、ということを行い、それぞれの道路への影響力を競う、という王道の陣取り。
基本的にはガンガン自分のコマを配置して行き、積極的に各都市に置かれた得点タイルの獲得を狙っていけばオーケーというシンプルでわかりやすい作りながら、砦の配置の仕方によっては得点タイルをボード上に残すことが重要となることもあり、唸らされる場面も多々あり、しっかりと丁寧に作られた良作。
ドイツファミリーゲームってこれだよなぁ、という遊びやすさと面白さ。

加えて、「盗まれたロンドン」「ケイラスプレミアムエディション」「チケットトゥライド北欧」が再入荷しました。

posted by タナカマ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | テンデイズゲームズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

4月28日テンデイズゲームズ新入荷&再入荷

以下のタイトルが新入荷しました。

【トランプトリックゲーム】
奇才ブルクハルトの珍奇でありながら、ゲーム的な面白さも抜群のトリックテイキングゲームの取り扱いがスタート!
ええ、私の趣味丸出しです。(笑)
でも、面白いヨ。
ざっくりと説明すると、一般的なトリックテイキングと違うところとしては、「ラウンドごとに獲得できるトリック数が決まっている」、「獲得したトリックが次のラウンドの手札になる」、「最終ラウンドの得点方式がそれまでと根本的に違う」というところ。
慣れたら、いくつかの追加ルールもあり、これがまたおかしなプレイ感覚。
とはいえ、冒頭で書いた通り、一風変わったシステムっていうだけの作品ではなく、意外なほどにテクニカルで、ゲーム的な面白さも抜群。
この辺は、さすがブルクハルト、といったところ。
「まず最初にコレ!」なんてことは言えませんが、遊ぶ価値は大。ぜひ。

で、以下のタイトルを再入荷。

「ジュピターのもとに」「ウボンゴデュエル」の二作品。

「トランプトリックゲーム」を入荷したことにより、カテゴリに「オススメジャンル・トリックテイキング」を追加。
これは、「これから先、面白いトリック手キングを積極的に紹介したいですよ」という意思表示だったり。

posted by タナカマ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テンデイズゲームズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。